« 信ずるもの | トップページ | 失敗のその先 »

迷いと困惑と生きるということ

[迷いなんか捨ててしまえ 邪魔なものは視界にいれるな 全てが透きとおって見えるために]

こんばんは、いろいろと不安定なマイ吉です。「どうしよう」 「あーもぅ駄目かも」 毎日のように迷い続けている自分、一分間の間にも何かに迷っている自分、それはただの障害物でしかないのです。邪魔なものが視界に入ったとき 全てがくずれはじめます。目=カメラのレンズ=視界 カメラで写真を撮るときは、撮りたいものしかレンズの視界にいれないはずです。その他のものは背景であり、邪魔ものです。遠くにあるリンゴだけを写したいのに、手前に邪魔な木々が写っている状態、それじゃピントが合わなくてボヤけてしまっているはずです。目標物だけを写したいのなら、他のものは全て取り払ってしまわなければいけません。全てを透きとおらせて見るためには。完全に透きとおって見えたときに、自分が何を撮ろうとしていたのかが分かります。これは撮影のことだけにいえることではなく、人生においても同じです。迷いや、困惑があると、自分が今何を目指しているかが分からなくなります。そんなもの必要ないでしょう?しかし、人間だれしも欲があるものですから、それら全てを取り除くことは難しいですよね。だから世の中ってものは、我慢したもん勝ちです。我慢に我慢、あれをしたいけど我慢、これもしたいけど我慢、そうやって我慢してきた人は世の中が透きとおって見えているはずです。そして、そんな人は心も透きとおっているんです。邪悪な心とかは一切なく、優しさだけが満ち溢れているんです。自分もそんな人になりたいです。心が広い人になりたいです。ただ、今を一生懸命に生きるだけ。一秒でも0.01秒でも一生懸命に生きていたいんです。なぜなら、今日という日は二度と帰ってこないのだから、明日、あと一時間生きれるか分からない世の中なのだから。毎日を悔いのないように生きたい。

|

« 信ずるもの | トップページ | 失敗のその先 »

コメント

こんばんわ!かほミンです。
今が大事!!だけど、実際はあまり大事にしていない。わかっているようでわかっていないこと。
悔いる日があるから、今日は悔いのない日だったと言えるのではないでしょうか?だから、どれだけ悔いる日が少ないかが肝心だと思います。

投稿: kahomin | 2007年10月 2日 (火) 20時28分

お久しぶりです
中間テストも終わり、だいぶ落ち着いたところです。
結果は聞かないでください。
突然ですが移転しました。
リンクの更新をお願いします。
http://yaplog.jp/mayunyanburogu/

ご迷惑をおかけします。
これからもがんばりますんでどうぞよろしく☆

投稿: とま | 2007年10月 6日 (土) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信ずるもの | トップページ | 失敗のその先 »